Return to Harry Potter and the Chamber of Secrets

II – Chapter 32



may have blinded: 「may have + 過去分詞」は「〜だったかもしれない」という過去のある時点での推量であると学校の文法の授業では教わります。でも、フォークスは確実にバジリスクの目を潰してしまっています。ここでは「フォークスはバジリスクの目を潰したかもしれない。でも、そんなことは大したことではない。」です。

バジリスクの登場です。バジリスクはその目を直接見ただけで死んでしまう恐ろしいモンスターのはずだったのですが…