Return to Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

III – Chapter 13



No one is to enter this dormitory: be to do は「〜することになっている」で、ここでは『命令』のニュアンスが含まれています。主語は no one なので、「だれもこの寮に入ってはならない」です。
serve someone right: 当然の報いである、自業自得だ、いい気味だ
round up: 寄せ集める、かき集める
secure: 保護する、守る

シリウス・ブラックがホグワーツに侵入したようです。