Return to Harry Potter and the Half-Blood Prince

VI – Chapter 27



dawdle (/dɔdl/): うろうろする
imperative: 義務、命令、必須の
talk to oneself: 独り言を言う
whisper to oneself: 独り言をささやく
assassin: 暗殺者
bear: 運ぶ、持っていく
cannot help 〜ing: 〜せざるをえない
lace: 加える、添える
mend: 修理する
vanish: 消えて無くなる、消滅させる
ingenious: 独創的な、巧妙な
be in order: 〜が必要である、〜があってしかるべきである
But I'm aˈfraid we are all on a bit of ˈtight ˈschedule.: schedule (スケジュール) はイギリスの英語ではよく /ʃedʒul/ のように発音をします。「バラエマフイ ウェアロナベラシェジュル」のようになっています。
Love to.: I'd love to.
on a tight schedule: スケジュールがぎっしり詰まっている
have the stomach for: 〜をする気がある
be to do (不定詞): ここは 義務 の「be to 不定詞」です。「その子がやらなければならない。」です。
Please.: 映画を見たときは命乞いの Please, help. だと思ったんですけれども…ですね。

スリザリンのロケットを手に入れたダンブルドア先生とハリーはホグワーツの塔へと戻ります。ちょうどその時、ドラコとドラコの招き入れたデス・イーターたちも塔へやって来ます。