Return to Harry Potter

Harry Potter and the Order of the Phoenix

V – Chapter 1

ダーズリー家にいるときはハリーは相変わらずいじめられています。 ハリーはダドリーと一緒に居るときにディメンターに襲われ、これから逃れるために魔法を使います。

V – Chapter 2

マグルの前で魔法を使ったためにホグワーツ魔法魔術学校を退校になったことを伝える手紙が魔法省からハリーに届けられます。

V – Chapter 3

ハリーはマッド・アイ・ムーディ、ニンファドーラ・トンクス、キングズリー・シャックルボルトたちに「本部」に連れて行かれました。マグルのビルとビルの間から現れた「本部」は不死鳥の騎士団のたまり場でした。

V – Chapter 4

ハリーは不死鳥の騎士団のメンバーからヴォルデモートが人を集めていること、魔法省はヴィルデモートが復活したことを認めようとしないこと、そして、ヴォルデモートは何かを探していることを聞かされます。

V – Chapter 5

ハリーはアーサー・ウィーズリーに付き添われて魔法省へやってきます。

V – Chapter 6

ハリーの裁判

V – Chapter 7

生徒たちは今年もホグワーツ特急でホグワーツ魔法魔術学校へと向かいます。シリウス・ブラックがハリーを見送りに来ます。

V – Chapter 8

列車を降り、ホグワーツへは馬なしの馬車に乗っていきます。ハリーたちはルナ・ラブグッドと同じ馬車に乗ります。

V – Chapter 9

今年の Defense Against the Dark Arts はドロレス・アンブリッジが担当をすることになりました。

V – Chapter 10

Defense Against the Dark Arts の授業は理論だけを学んで実技は行いません。この世には危険なことなどは何ひとつもないからだそうです。

V – Chapter 11

ドロレス・アンブリッジに反論をしたハリーは罰として I must not tell lies. と何回も書かさせられます。

V – Chapter 12

ルナ・ラブグッドの話すことは意味深です。

V – Chapter 13

ホグワーツではドロレス・アンブリッジが幅をきかせるようになっていきます。

V – Chapter 14

ハーマイオニーはダンブルドア軍団の結成を謀ります。

V – Chapter 15

ネビル・ロングボトムが Room of Requirement を見つけ、そこを練習場所に使います。Room of Requirement は Come and Go Room ともいわれ、必要なときにだけ現れます。

V – Chapter 16

魔法の訓練は一定の成果を残し、クリスマス休暇を迎えます。

V – Chapter 17

ハリーはヴォルデモートと精神的に通じ合っている可能性の有ることがわかります。

V – Chapter 18

ハグリッドがホグワーツへ戻ってきます。

V – Chapter 19

アズカバンから10人の囚人が脱獄します。そして、ハリーたちは魔法の練習をしているところを見つかってしまいます。

V – Chapter 20

ダンブルドア先生は逃亡し、ドロレス・アンブリッジはホグワーツに次々と新しいルールを作っていきます。

V – Chapter 21

スネイプ先生との閉心術の訓練のさなか、ハリーにスネイプ先生の心の中が見えてしまいます。

V – Chapter 22

フレッドとジョージの兄弟は試験の最中に派手に花火を打ち上げて、そして学校を去っていきます。

V – Chapter 23

ハリーにはヴォルデモートがシリウス・ブラックを拷問している光景が見えます。そしてそこは魔法省の Department of Mystery です。

V – Chapter 24

ハーマイオニーはダンブルドア先生の秘密の武器の在り処を教えると言ってドロレス・アンブリッジを森に連れ出します。

V – Chapter 25

ハリーたちは魔法省の Department of Mystery にやって来ます。そこでハリーは予言を聞きます。

V – Chapter 26

予言はその本人にしか取り出すことはできません。デス・イーターたちがハリーの予言を奪いにきます。

V – Chapter 27

ハリーたちはデス・イーターに追い詰められます。そこへ不死鳥の騎士団のメンバーが駆けつけデス・イーターとの戦いになります。

V – Chapter 28

コーネリアス・ファッジはヴォルデモートの姿を目撃し、魔法省もヴォルデモートの復活を認めざるを得なくなります。

V – Chapter 29

ホグワーツの一年が終わり、生徒たちはまたそれぞれの家へと帰っていきます。