Return to Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 1

VII.1 – Chapter 18



flesh:
Snitch: Harry Potter Wiki
swallow: 飲み込む
close: 結末、終了
ink: インクで印をつける
rune: ルーン文字、神秘的な記号
Spellman's Syllabary: Harry Potter Wiki
syllabary: 音節文字系
he: ヴォルデモート卿のことです。
I mean, ˈisn't ˈthat exˈactly the type of ˈplace he'd be likely to ˈhide a ˈHorcrux?: アメン ズヌザッ イグキテリザタイポプイスヘドビライキリトイダクロクス」のような感じです。
But even I have to adˈmit ˈrecently I have been ˈthinking we'll ˈhave to ˈgo there.: バリヴナフトゥアドミッ リスンニアハヴベヌンケンウィルフトゥウゼア」のような感じです。recently の最後の /sntlɪ/ の部分は /n/ のために舌を歯茎に付けたら /l/ まで舌先は歯茎から離さず、/t/ は側面破裂を使います。語尾のこの部分には強勢はなく、/t/ も /l/ も発音するような舌の動きはさせるのですが「スンニ」のように聞こえてしまうかもしれません。
birthplace: 出生地
founder: 創立者、創設者
sword:
the ˈbirthplace of the ˈfounder of ˈGryfinndor: of は /ə/ になってしまっているので「スペイサザファウンダアグフェンド」のようになります。birthplace の /pl/ の部分は唇を閉じたときに舌先も歯茎につけて /l/ の形を作ってしまい「ペイス」のように発音すると /l/ の音も聞こえます。

ハリーとハーマイオニーはそれぞれ新しいヒントを見つけます。スニッチに現れた I Open at the Close という文字と、本に書き込まれたマークです。ハリーとハーマイオニーはゴドリックの谷に行くことにします。ゴドリックの谷はハリーが生まれ、ハリーの両親が死に、ヴォルデモート卿も死にかけた場所です。そして、ゴドリック・グリフィンドールの生まれ故郷でもあります。はっきりとはわかりませんが、そこに分霊箱が隠されているように感じています。