Return to Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 2

VII.2 – Chapter 14



never better: 絶好調
spit: 吐き出す、火花などを吹き出す
it's about time I told her: 「it's about time + 文」は「もうそろそろ〜しなければ」という意味です。「もっと前にするべきだった」という意味も含みます。このとき、it's about time の後ろに続く文はいつも過去形にします。
mad for: 〜に夢中になっている
since we probably both be dead by dawn. : since は「〜だから、〜なので」と理由は示します。「朝までに二人とも死んじゃうかもしれないから」です。
It ˈdoesn't show ˈup on the map, ˈdoes it?: ズンチョウポヌザマ 」のような感じです
show up: 現れる、姿を現す

ヴォルデモート卿たちがホグワーツを攻撃します。ハリーは「必要の部屋」へ向かいます。