Return to Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 2

VII.2 – Chapter 2



You ˈprobably ˈdon't reˈmember but I ˈthink you...: バベレンババランキュ」のような感じです。probably (/prɒbəblɪ/) の /pr/ と /bl/ はそれぞれ /p/ と /b/ のために唇を閉じたときに次の /r/ と /l/ の位置に舌を移動させてしまいます。リズム的には「バブリ」ではなく「ポバベ」のような感じで発音をします。
That I ˈshowed you to your ˈvault the ˈfirst time you ˈcame to ˈGringotts? : ザラショウデュトゥヨヴォアウト ザフアスタイミュイムトゥグンゴツ」のような感じです。
come by: 手に入れる
complicated: 複雑な、込み入った
present oneself: 現れる、出現する
fake: 偽物、模造品
identical: そっくりの
convincing: 説得力のある、ひとを納得させる、信じられる
acquaintance: 知っていること
more than a few: いくつもの
(1) She was ˈterrified when she ˈthought we had been in there. : シワズレファエドウェンチアトウィアベネヌゼア」のような感じです。
(2) She ˈkept ˈasking you what else we had ˈtaken. : これは「ケ タスケンギュワレスウィア イケヌ」のような感じです。

グリンゴッツ銀行のベラトリックス・レストレンジの金庫に分霊箱があるとハリーは睨んでいます。ハリーはグリップフックとグリンゴッツ銀行に行くことにします。