Return to Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 1

VII.1 – Chapter 6



to what do we owe the pleasure?: =to what do we owe the pleasure of this visitation?「訪ねてくれるなんてどういう風のふきまわし?」
herein: この中に
of one's own making: 自作の
set forth: 説明する、表明する、明記する
will and testament: 遺言書
wicked: すごい
bard: 吟遊詩人
entertaining: 面白い
instructive: 有益な、教育的な、ためになる
cackle: キャッキャと笑う、話す
stump: 切り株
perseverance: 忍耐力
Is that it?: それだけ?
artifact: 芸術品、工芸品
bequest: 遺産、形見
in any event: いずれにしても
on one's own: 勝手に、独断で
up to: 企んで

ハリーとロンとハーマイオニーはそれぞれダンブルドア先生の遺品を受け取ります。ハリーには「グリフィンドールの剣」も遺品として与えられることが告げられますが、歴史的な財産でダンブルドア先生が誰に与えるかを決められるようなものではなく、大体、どこにあるかもわかりません。