Return to Harry Potter

Harry Potter and the Philosopher’s Stone

I – Chapter 1

映画では「ハリー・ポッター」の物語は両親をなくした幼少のハリーが伯父・伯母であるダーズリー家に預けられるシーンから始まります。 この章では英語の音声についてたくさんのことを説明しています。ここに書いていることを読んで、D …

I – Chapter 2

Chapter 1 では英語の音声についてたくさんのことを説明しました。 Chapter 2 以降では聞き取ることが難しいだろうと思われる箇所について解説をしていきたいと思います。

I – Chapter 3

ホグワーツ魔法魔術学校から入学の案内を運ぶフクロウ便がハリーの元へやってきます。

I – Chapter 4

ダーズリー一家はハリーを連れて無人島に逃れてきますが、ハグリッドがハリーを迎えに来ます。

I – Chapter 5

Leakey Cauldron は魔法使いの集まるパブでその裏側はダイアゴン横丁へ通じます。ハリーとハグリッドは Leakey Cauldron を通ってダイアゴン横丁へ向かいます。

I – Chapter 6

ハリーとハグリットは銀行 Gringotts へ行きます。

I – Chapter 7

オリバンダーの店です。ハリーは魔法の杖を手に入れます。

I – Chapter 8

夕食をとりながら、ハリーはハグリッドから「例のあの人」のことを初めて教えてもらいます。

I – Chapter 9

ホグワーツ特急はロンドンのキングスクロス駅の 9 3/4 番線から発車します。 プラットフォームへ向かう途中でロンと出会います。

I – Chapter 10

ホグワーツ特急の客車はいかにもヨーロッパの鉄道のものですね。ロン、ハーマイオニーとの出会いです。

I – Chapter 11

ハリーたちはホグワーツ魔法魔術学校へ到着します。一年生はグリフィンドール、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリンの4つのうちどこに入寮するかを組分け帽子によって宣言されます。

I – Chapter 12

ホグワーツでは新年度を祝う宴会 (feast) が催され、その後、生徒たちは各々の寮へ案内されます。

I – Chapter 13

ホグワーツでは授業が始まります。スネイプ先生の授業に付いていくのはとりわけ難しそうです。

I – Chapter 14

マダム・フーチの飛行訓練です。ハリーはふとしたことからクィディッチの選手に選ばれます。

I – Chapter 15

ハリーとロンとハーマイオニーは右側の三階の廊下へ行ってしまいます。 ダンブルドア先生が「行ってはいけない。」と言っていた場所です。

I – Chapter 16

ハリーは校庭でオリバーからクィディッチのルールを教わります。 一方で教室ではフリットウィック先生の授業です。

I – Chapter 17

ハロウィーンの日、ホグワーツにはトロールが現れます。

I – Chapter 18

グリフィンドール対スリザリンのクイディッチの初戦です。

I – Chapter 19

スリザリンとのクィディッチの試合です。 英語について語ることは特に無いで次へ行きましょう。

I – Chapter 20

ホグワーツはクリスマスを迎えます。休暇は家に帰る生徒もいますが、ハリーとロンはホグワーツでクリスマスを過ごします。

I – Chapter 21

ハリーは図書館に通い、ニコラス・フラメルについて調べるようになります。

I – Chapter 22

ハリーは Mirroe of Erised (Erised の鏡) を見つけます。Erised は desire (願望、欲望) のスペルを逆さまにしたものです。

I – Chapter 23

ホグワーツは春を迎えますが、ハリーたちはまだニコラス・フラメルのことを調べています。

I – Chapter 24

ハリー、ロン、ハーマイオニーとドラコは夜中に寮を抜け出したバツとして夜の森にユニコーンを探しに行くことになります。

I – Chapter 25

ハリーとロンとハーマイオニーの3人はハグリッドにドランゴンのたまごを与えたよそ者が怪しいことに気が付きます。

I – Chapter 26

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はフラフィを通り越して Philosopher’s Stone を探しに行きます。 この章はあまりむずかしくはないでしょう。

I – Chapter 27

鍵の部屋とチェスの部屋

I – Chapter 28

鍵の部屋とチェスの部屋の先にいたのはクィレル先生と、そして、ついにヴォルデモート卿です。」

I – Chapter 29

ヴォルデモートとの対決です。クライマックかと思いきや以外に…

I – Chapter 30

ハリーはヴォルデモートとの戦いを終え、ダンブルドア先生がハリーの病室を訪れます。

I – Chapter 31

ホグワーツの修了式です。

I – Chapter 32

生徒たちはホグワーツ特急で家路につきます。