Return to Harry Potter

Harry Potter and the Half-Blood Prince

VI – Chapter 1

ヴォルデモート卿の脅威は魔法界のみならずマグルの世界にまで及びます。

VI – Chapter 2

ダンブルドア先生はハリーと一緒にホラス・スラグホーンを訪ね、もう一度ホグワーツへ戻って教壇に立つように説得をします。

VI – Chapter 3

ダンブルドア先生はハリーをロンの家へ送り届けます。

VI – Chapter 4

スネイプ先生はドラコにできる限りの支援をすることを母親のナルシッサ・マルフォイに約束します。そして、何故か破ることのできない誓いまでたてます。

VI – Chapter 5

ダイアゴン横丁では閉店してしまった店もたくさんありますが、双子のジョージとフレッドは新しく店を始めてお菓子やおもちゃを売っています。

VI – Chapter 6

生徒たちはホグワーツ特急で学校へ向かいます。ドラコ・マルフォイもヴォルデモート卿のしもべであるデス・イーターになったのではないかとハリーは疑います。

VI – Chapter 7

今年のホグワーツは警備のために Auror (闇祓い) が配置されています。

VI – Chapter 8

魔法薬学はスラッグホーン先生が担当をします。

VI – Chapter 9

ハリーがダンブルドア先生に呼び出されます。そして、ダンブルドア先生が初めてトム・リドルに会ったときの記憶を見せられます。

VI – Chapter 10

ロンはコーマック・マクラーレンと今年のクィディッチのキーパーのポジションをかけて競います。ハーマイオニーはこっそりとロンを助けます。

VI – Chapter 11

ハリーはスラッグホーン先生が三本の箒へ向かうところを見かけます。彼に近づくため、ハリーもロンとハーマイオニーを誘って三本の箒に入ります。

VI – Chapter 12

スラッグホーン先生の食事会が開かれます。

VI – Chapter 13

クィディッチの試合ではロンが大活躍をシてしまいます。

VI – Chapter 14

ハリー・ポッターのシリーズの6作目ではハリーとジニー、そしてロンとハーマイオニーの微妙なすれ違いがじれったいですね。

VI – Chapter 15

スラッグホーン先生のクリスマスパーティに誰と行くか、ハリーとハーマイオニーは困ります。

VI – Chapter 16

スラッグホーン先生のクリスマスパーティにハーマイオニーが誘ったのはコーマックでした。

VI – Chapter 17

ハリーはクリスマス休暇をロンの家で過ごしまが、ベラトリックス・レストレンジが現れて家に火を放ちます。

VI – Chapter 18

トム・リドルがスラッグホーン先生に禁書の中の呪文について質問しているものをハリーはダンブルドア先生の記憶のコレクションの中に見つけます。 ダンブルドア先生はその記憶は改ざんされたものであると言い、ハリーに本当のことを突き …

VI – Chapter 19

ロミルダ・ベインからハリーに贈られた love potion 入のお菓子をつまみ食いしたロンはおかしなことになっています。スラッグホーン先生の調合した薬で正気を取り戻しますが、気つけに飲んだミードのせいで今度は失神してし …

VI – Chapter 20

ハリーはケイティにネックレスのことを尋ねますが、ケイティは何も覚えていません。そこに居合わせたドラコは動揺します。

VI – Chapter 21

ハリーがドラコに向かって唱えた呪文も例の本に書かれていたものです。For Enemies という注釈を付けて。the Room of Requirement に行って、ハリー自身にも何処にあるかわからないようにジニーに本 …

VI – Chapter 22

スラッグホーン先生はハリーのことを避けるようにしています。ハリーは、以前、スラッグホーン先生からもらった幸運の薬 Felix Felicis を飲んで、気ままに行動をして成り行きに任せることにします。

VI – Chapter 23

スラッグホーン先生は巨大グモのアラゴグの葬儀を執り行い、ハグリッドと意気投合します。ハグリッドの家で酒を酌み交わしますがハグリッドは突然酔いつぶれてしまい、ハリーに母親のリリー・ポッターとの思い出を語ります。

VI – Chapter 24

スラッグホーン先生はついにトム・リドルとの間に起きた過去の記憶をハリーに渡します。これによってハリーとダンブルドア先生はトム・リドルが 7 つもの Horcrux (分霊箱) を作ったことを知ります。

VI – Chapter 25

ダンブルドア先生はホグワーツを留守にしているときはヴォルデモート卿の分霊箱を探す旅に出ていました。今回はハリーに同行してもらいます。また、スネイプ先生にも何か命じているようです。スネイプ先生はそれに従うように既に同意して …

VI – Chapter 26

ダンブルドア先生とハリーは3つ目の分霊箱、スリザリンのロケットを見つけます。ちなみに、1つ目はトム・リドルの日記、2つ目はマールヴォロ・ゴーントの指輪でした。ロケットを手に入れるためにダンブルドア先生は防御のために仕掛け …

VI – Chapter 27

スリザリンのロケットを手に入れたダンブルドア先生とハリーはホグワーツの塔へと戻ります。ちょうどその時、ドラコとドラコの招き入れたデス・イーターたちも塔へやって来ます。

VI – Chapter 28

ダンブルドア先生はスネイプ先生に殺されます。

VI – Chapter 29

分霊箱だと思って手に入れたスリザリンのロケットは偽物でした。ハリーがダンブルドア先生の遺志をついで分霊箱を探すたびに出ることを決めます。