Return to Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

III – Chapter 31



I knew I could do it this time because...well, I had already done it.: 前半の I knew I could do it は魔法で自分自身を助けたハリーの視点で話しをしていて、バックビークの背中に乗って飛んでいる「今」からは「さっき」のことなので過去形になります。ややこしいのはハリーは時間を遡っていて、後半の I had already done it は「過去」の自分、ディメンターに襲われているときのハリーの視点で話してしまっていることです。「お父さんが魔法を使って助けてくれたと思っていたけれど、その時には既に自分が魔法を使っていたんだ。」ということで「過去の過去」を表す had done it になっています。
make sense: 理にかなう、辻褄が合う
No: ハリーはディメンターに襲われているときの自分をとそれを助けている自分の両方の視点をごちゃまぜにして話しをしています。ハリーにとっては整然としているのでしょうが、ハーマイオニーにとっては「そうだろ?」と言われてもよくわかりません。答えは No. です。

先程の通り、ディメンターたちがシリウス・ブラックとハリーを襲います。