I-01-1000

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 1 [00:02:14] "No problems I trust, Hagrid?" (Professor Albus Dumbledore)


ˈNo

ˈproblems

I ˈtrust,

ˈHagrid.

|

/

ˈnoʊ


ˈprɒblemz


aɪ ˈtrəst


ˈhægrɪd

/

ここであえて説明が必要なものがあるとすると “problemsの発音です。

/ɒ/

/ɒ/ /ɔ/ よりも更に口を開き舌の位置を下げた音です。

日本語では「プブレム」ですが、「オ」よりはほとんど「ア」に近い音になります。

日本語の「ア」と比べると舌の奥のほうをもっと下に下げ、その結果、喉が開いた形になります。

Bob、”body、”boss、”Boston、”boxなどカタカナにもなって「オ」段で表現されているものがたくさんありますが、多くは /ɒ/ つまり「ア」段に近い音です。

problems

リズム的には「パベムズ」と言う感覚です。

/r/ /l/ はその前の音、すなわちそれぞれ /p/ /b/ を発音するために唇を閉じたときに舌の位置を準備してしまい、破裂させて唇から外に流れる出る息を使って発音してしまいます。

/p/ は破裂させた後、少しの時間、空気が外に流れる時間を作ってから声帯を震えさせはじめ (つまり、声を出し始め)、舌を /r/ の位置から /ɒ/ の位置に移動させます。