I-02-0600

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 2 [00:04:32] "Why don’t you just cook the breakfast and try not to burn anything." (Aunt Petunia Dursley)


強勢はごく普通に内容語である cookbreakfasttryburn と否定を表す not に置かれています。

|

Why don’t you just ˈcook

|

the ˈbreakfast

|

and ˈtry

|

ˈnot

|

to ˈburn anything.

|

/

waɪdəntjəəstˈkʊk


ðəˈbrekfəst


ənˈtraɪ


ˈnɒt


təˈbənenɪθɪŋ

/


Why don’t you はかたまりで「〜したらどう?」という提案や命令を表し、機能語のように扱われます。don’t には not を含みますが、この場合は強勢は置かないのが普通です。

don’t /t/ は後ろの /j/ につられて舌先はやや後ろに下がり、「チュ」のように発音されています。

just の次は cook で破裂音が連続するので、just /t/ は破裂させません。

また、cook の後ろの /k/ も息の流れを止めるところまで、破裂させずに終わらせています。/ʊ/ は唇を突き出す音で日本語の「ウ」とは異なる音なので気をつけて練習をしてください。

最初の1小節目は「ワイドンチュジャスクッ」という感じになります。


3小節目 and try and /d/ も破裂させんません。次に try が来るので破裂音が連続することもありますが、and は機能語で強勢を置かないことが多く、その場合は /ən/ やさらに /n/ のようになることが多いのです。

/tr/ /t/ // が連続するというよりもこれで一つの音素であると考えるべきで、「チュラ」のような発音になります。


not も次の to と繋がってしまい、not 自体の /t/ は破裂させません。破裂するのは to の方の /t/ です。

burn /n/ は舌を歯茎につけて口から流れる息を止めます。このため、次の anything と連続させると「バーン エニセン」ではなく「バーネネセン」のようになります。


全部をつなげると「ワイドンチュジャスクッブレッファステンチュラエナットゥバーネネセン」のようなリズムになっています。