I-04-3400

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 4 [00:16:23] "And then, if you please, and she went and got herself blown up. And we got landed with you." (Aunt Petunia Dursley)

blow up: 吹き飛ばす
if you please: もしよければ、あきれたことに
land with: 押し付ける

And then, if you ˈplease,

if you please は「よろしければ」とか「差し支えなければ」のように単に please というよりもより形式張ってより丁寧に人にものを頼むときに使われる表現です。

ただし、そればかりではなく、 皮肉や、更には不満やいら立つ気持ちをこめて「あきれた」とか「信じられる?」と言うようなニュアンスで使われることもあります。容易に想像がつくと思いますが、ここではそういう使い方です。


she ˈwent and ˈgot herself blown ˈup

get は使役の動詞で、「〜させる」とか「〜してもらう」とかいうやつです。

「〜させる」相手が自分自身なので混乱してしまいそうですが、「お前の母親はみすみす出かけていって自分から吹き飛ばされに行ったようなものだ」とペチュニアおばさんは思っているわけです。


and ˈwe got ˈlanded with you.

land with は「押し付ける」です。


「あのじじいは、よりによって私たちにお前を押し付けていきやがった。」


we は通常は強勢を置くことはありませんが、ここでは非常に強く発音しています。ペチュニアおばさんはハリーの母親に対してコンプレックスを持っていたことでしょう。勝手に自分から危ないことに首を突っ込んで死んだあげく、「あの女の子供をよりによってなんで私たちに?」という感情の現れでしょう。