I-05-0900

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 5 [00:19:07] "Doris Crockford, Mr. Potter, I can't believe I'm meeting you at last." (Doris Crockford)

at last: ようやく、とうとう、ついに

I ˈcan’t beˈlieve I’m ˈmeeting you at ˈlast.

can’t believe の部分ですが、can’t /t/ believe /b/ は破裂音が連続するので前の方の // は破裂させんません。


そこでですが、can’t can はどのように区別をするのでしょう?ここでは次にくる音は /b/ ですが、例えば I can’t tell you. I can tell you.、次にくる音が /t/ のときはそもそも音声で区別をして発音することはできますか?


can’t can で最も差が現れるのは強勢を置くか置かないかです。can’t は強勢を置いて長くはっきりと /ˈkɑnt/ (アメリカ英語では /ˈkænt/) と発音をします。一方、can には普通は強勢は置かないので弱く短く曖昧に /kən/ となります。

I can’t believe


/

aɪˈkɑnt


ˈliv

/

I can believe




/

aɪkənbəˈliv

/

当たり前のことですがネイティブスピーカー同士の会話でこれらを混同することは絶対にありません。私たちも日本語であればちょっと聞いただけで「この人はイントネーションに特徴がある。」とか「訛がある。」とすぐに気が付きます。ネイティブスピーカーの耳は恐るべしです。

Can or can’t?” 残念なことに私はよく言われます。can’t はともかく can を「キャン」と思って喋っていると間違われることが多いでしょう。


I’m meeting は連結してしまいます。I’m /m/ は聞こえないと思いますが、文法的に be 動詞は必要です。

ドリスさんは頭の中では /aɪmmitɪŋ/ と言っているのですが、口から出てくる音声では2つの /m/ がつながって一つになってしまいます。ハリーの耳に入ってくる音声も /m/ は一つですが、脳の中で心理的に聞こえているは I’m meeting なはずです。


at last (/ətlɑst/) /tl/ の部分は側面破裂をさせます。