I-11-1600

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 11 [00:39:53] "Think my name is funny, do you? I have no need to ask yours. Red hair and a hand-me-down robe. You must be a Weasley." (Draco Malfoy)

hand-me-down: おさがりの

ˈThink my ˈname is ˈfunny, ˈdo ˈyou?

ドラコも早口なので聞き取りにくいかもしれません。最初は「テンケマイネイメズファドゥユ」のような感じです。

主語である最初の You が省略されているか、頭の中では発音していても口には出てこないほどに弱くなってしまっています。「俺の名前がおかしいと思うか?」です。

I have ˈno ˈneed to ˈask ˈyours.

have は動詞として使うときは内容語なので強勢があっても良いように思うのですが、実際には強勢を置くことはあまりありません。動詞であっても have be動詞は例外で強く発音することはあまりありません。

強勢がある単語は no, need, ask, yours の4つの単語で、次のような4小節のリズムと思って練習をしてください。

I have ˈno ˈneed to ˈask ˈyours.

「お前の名前を聞く必要はない。」、つまり、「お前の名前は聞かなくても分かる。」です。

Red ˈhair and ˈhand-me-ˈdown ˈrobe.

Red hair は「形容詞+名詞」です。普通は形容詞には強勢をおかず、後ろの名詞を強く発音します。

hand-me-down は「おさがり」です。hand /d/ は省略して /ˈhænˈdaʊn/ のように発音しています。

You must be a Weasley.

must be は「〜にちがいない」です。

名字 (family name) の前に不定冠詞 (a, an) を置くと「〜家の一員」という意味になります。

「お前、ウィーズリーの子だろ。」です。