I-12-0800

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 12 [00:46:27] "Potions. But everyone knows it's the Dark Arts he fancies. He's been after Quirrell's job for years. " (Percy Weasley)

after: 欲しがって、下心を持って
fancy: 好む、気にいる
potion: 液状で服用する薬・毒、もっぱら魔法使いや錬金術師の調合する薬

But everyone ˈknows it’s the ˈDark Arts he ˈfancies.

強勢がある単語は knows, Dark, fancies の3つです。

いろいろな音が連結して「バレベレワノウゼツザダーカーツィファンツェズ」のように発音しているため、この一文は早口に聞こえます。

But everyone (/bətevrɪwən/) の部分、/t/ は舌先で歯茎を叩く「ラ行」のような音になります。

everyone knows it’s (/evrɪwənnoʊzɪts/) は、まず、everyone の最後の /n/ knows の最初の /n/ はつながって一つになってしまいます。次に、knows it’s の部分は発音記号の通り、knows の最後の /z/ it’s /ɪ/ をつなげ、日本人にとっては「ゼ」と思って発音したほうが良いでしょう。

Dark Arts he (/dɑkɑtshɪ/) の部分、Dark /k/ Arts /ɑ/ はつながって「ダーカーツ」のようになります。Arts he は3つの子音が連続します。ここではパーシーは /h/ の音を比較的はっきりと発音していますが、強勢の無い単語ですし /h/ は脱落しやすい音です。

fancies (/fænsɪz/) /n/ は舌を歯茎に付けます。続く /sɪ/ を意識的に「ツェ」のように発音したほうが日本人にとっては /n/ を正しく発音することができるようになるでしょう。


Dark Arts he fancies の間には関係代名詞の which が省略されています。fancy は「〜を好む、〜をしたいと思う」という意味の動詞です。it’s the Dark Arts which he fancies は「スネイプがやりたいのは闇の魔術 (Dark Arts) だ。」で、頭に everyone knows がついているのは「そのことはみんな知っている。」です。

He’s been after ˈQuirell’s ˈjob for ˈyears.

be after はここでは「〜を狙っている、〜を欲しがっている」という意味です。

He’s He has を省略したものです。「クィレルの仕事を何年も (for years) ずっと狙っている。」ので現在完了形を使います。

強勢のある単語は Quirell’s, job, years の3つで「ヘズベナフタクィレルズジョブファアズ」のように発音をしています。

He’s been は「ヒーズビーン」ではなく「ヘズベン」のように発音をします。完了形は難しいと思うかもしれませんが、非常によく使われます。慣れておきましょう。

for は多くの場合は /fə/ です。「フォア」と覚えてきたかもしれませんが、その印象とは異なると思います。これも慣れるようにしましょう。