I-17-0200

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 17 [01:07:46] "Parvati Patil said that she wouldn't come out of the girl's bathroom. She said that she'd been in there all after noon, crying. " (Neville Longbottom)


Parˈvati Paˈtil ˈsaid that she ˈwouldn’t come ˈout of the ˈgirl’s ˈbathroom.

「ハーマイオニーが女子トイレから出てこようとしないってパーバティ・パチルが言ってた。」

強勢は沢山あって、Parˈvati, Paˈtil, ˈsaid, ˈwouldn’t, ˈout, ˈgirl’s, ˈbathroom の7箇所です。

文章全体では「ヴァテパザチウォドゥンカモウロザルズスルム」のようなリズムになります。

Parvati Patil の発音は /pəˈvətɪpəˈtɪl/ です。

said that she の部分は ①まず、said /d/ は次の /ð/ に備えて舌と歯で閉鎖を作ってしまいましょう。 ②that she は連結して「ザチ」のようになります。

wouldn’t (/wʊdnt/) not を含むので強勢があります。/w/ の音はよく響かせてください。唇をすぼめた状態から次の /ʊ/ に向けて唇を突き出すように動かしながら「ヴ」のような音を出します。/dn/ の部分は鼻腔破裂を使います。

come out of の部分ですが ①come out は句動詞なので out を強く発音します。 ②of /ə/ だけになり、③out /t/ は「ラ行」の音になって連結し「カモウロ」のようになります。

girl’s (/gəlz/) /l/ /ə/ の舌の位置から「アル」と言いながら舌先を持ち上げて歯茎に付けるように発音をします。

bathroom (/bæθrum/) /æ/ は「ア」と「エ」の中間の音になるように、そして、/θ/ は上下の歯で舌先を噛むようにしましょう。bathroom は「おふろ」ではなくて「トイレ」です。

She ˈsaid that she’d been in ˈthere ˈall afterˈnoon, ˈcrying.

強勢があるのは ˈsaid, ˈthere, ˈall, afterˈnoon, ˈcrying で、「ザチドゥビネラフタ, ラエ」のようなリズムになります。

最初の she はパーバティ・パチル、2つ目の she はハーマイオニーです。

she’d been she had been を省略したもので過去完了形の文です。最初の She said はパーバティ・パチルがネビルに話したことなので過去形です。次の she’d been in there all afternoon, crying. はハーマイオニーが泣きながら午後はずっとトイレに籠もっていたことです。パーバティ・パチルがネビルに話したときから更にその前のこと (過去の過去) なので過去完了形を使います。