I-13-0900

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 13 [00:51:28] "Then again, maybe some of you have come to Hogwarts in possession of abilities so formidable that you feel confident enough to not pay attention. " (Professor Snape)

formidable: 恐怖心を起こさせる、素晴らしい

Then aˈgain, ˈmaybe some of you have ˈcome to ˈHogwarts in posˈsession of aˈbilities ˈso ˈformidable that you ˈfeel ˈconfident enough to ˈnot ˈpay atˈtention.

連結した発音の目立つ場所が2箇所あります。

最初の Then again (/ðenəgen/) は「ゼナゲン」のようになります。

つづく some of you (/səməvyə/) は「サムオブユー」ではなく「サマブユ」のようになります。some of など「… of 」という表現は頻繁に使われますが、ほぼ必ず of には強勢はなく /əv/ /ə/ という発音になります。リズムに慣れるようにしましょう。


in possession of は「〜を持って」という意味です。持っているものは abilities (能力、才能) formidable (非常に優れた) はこれを修飾するものです。

so 形容詞 that」の構文が使われています。「『形容詞』の程度があまりにもすごいので『that』以下の文章のようになった」あるいは「『that』以下の文章で説明するくらい『形容詞』の程度がすごい」という意味になります (どっちも同じことです)

「君たちの何人かは (some of you) 既に非常に優れた能力を身につけてホグワーツに来ているので (have come to Hogwarts in possession of abilities so formidable)、授業なんか聞かなくてもよいほど (to not pay attention) 自信がある (that you feel confident) ようだ (maybe)。」という意味になります。

feel confident はどちらかと言うと「自分で勝手に思い込んでいる、自信過剰だ」というニュアンスが含まれます。

pay attention pay attention to というかたちでよく使われ「〜に対して注意を払う」という意味です。to を省略していますが、省略しているのは「私の授業、私の話し、私自身」です。