I-13-2600

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 13 [00:53:52] "Hey, Ron, somebody broke into Gringotts. Listen. "Believed to be the work of wizards or witches unknown, Gringotts goblins, while acknowledging the breach, insist nothing was taken."" (Harry Potter)

acknowledge: 認める
breach: 城壁などを突破すること

Believed to be the work of wizards or witches unknown, Gringotts goblins, while acknowledging the breach, insist nothing was taken.

前半の Believed to be the work of wizards or witchis unknow の部分は「受動態の分詞構文」で、 Being believed to be the work of… being が省略されたものです。

ここでは「〜ではあるが (although あるいは though)」を表す使い方で、「正体不明の魔法使いあるいは魔女の仕業と考えられるが」という意味になります。

unknown wizards or witches を修飾する形容詞です。名詞を修飾する形容詞は普通は名詞の前に置きますが (unknown wizards or witches)wizards or witches who are unknown のように言えるときは後ろから修飾することがあります。


後半は途中に while acknowledging the breach が挟まっていますが、主節は Gringotts goblins insist nothing was taken. (「グリンゴッツのゴブリンは何も取られたものはないと断言する。」) です。

途中に挟まった while acknowledging the breach も分詞構文です。主語は主節の主語と同じ goblins で「侵入されたことは認めているものの」です。

ここで breach は新聞の見出になっている Gringotts’ security breaches (セキュリティ侵害) のことです。もともとの意味は城壁を破壊して敵が侵入してくることです。