I-01-0200

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 1 [00:01:28] "Good evening, Professor Dumbledore." (Professor McGonagall)


2つ目の文章は3小節で、1小節目は “eveningの部分に強勢が置かれています。

Good ˈevening,

Proˈfessor

ˈDumbledore.

名詞の前にそれを修飾する形容詞を置いた場合、普通はそれは一つの塊として1小節に収められ、強勢は後ろの名詞に置かれます。

「青いペン」 “blue ˈpenは普通は名詞に強勢がおかれ 「ブルペー」 ですが、「黒でなくて青がほしいんだ。」という文脈で “Do you have a blue pen?というときは 「ルー ペー」 と “blueにも強勢が置かれます。

「黒い鳥」は普通は “black ˈbirdで強勢は後ろの “birdに置いて「ブラッバー」のように発音します。

一方、ビートルズはそのアルバム「ザ・ビートルズ」で収録した曲 “ˈblack ˈbirdで “blackに強勢を置いて「ブラッバード」のように歌っています。ここでは “ˈblack ˈbirdは形容詞+名詞ではありません。複合名詞であり、そういう種類の鳥のことです。

Good evening (/gʊdˈivnɪŋ/)

2つの単語が1小節にまとめられて「ディーヴェネンク゜」のように聞こえるでしょう。

eveneing” /i/ /ɪ/ をきちんと区別してください。/i/ は唇を横に引き、/ɪ/ は「イ」と「エ」の中間の音です。

/ŋ/ は口の奥の方で口へ流れる息を止める「ン」です。そしてわずかにですが口の奥の閉鎖を解く「ク゜」と言う音が聞こえるように私には思えます。

Professor (/prəˈfesə/)

Professorについてはこちらを読んでください。

Dumbledore (/ˈdəmbəldɔ/)

/ɔ/

/ɔ/ は「オ」と「ア」の中間くらいの音です。

// は「オウ」と唇を丸めて閉じるイメージだったのに対し、/ɔ/ は逆に「オア」と口を開くようなイメージが近いです。

boat” (/boʊt/) は唇を丸めて行きますが、”bought” (/bɔt/) は「ボアト」と開くイメージです。

Dumbledoreの最後の /ɔ/ は「オ」と「ア」の中間の音、「オア」とやや開くように練習をしてください。