I-30-0400

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 30 [02:14:46] "Ah, I see that your friend Ronald has saved you the trouble of opening your Chocolate Frogs. " (Professor Albus Dumbledore)

save the trouble: 手間を省く

save someone は「人から〜の手間を省く」というときに使います。「ロン (your friend Ronald) がカエルのチョコレートをすでに開けてしまって、ハリー (you) がそうする手間 (the trouble of opening your Chocolate Frogs) を省いてくれた (has saved)」 ということです。


ロンがチョコレートの箱を開けたのは過去のことですが、その状態は続いているの現在完了形を使うことになります。

that your ˈfriend ˈRonald has ˈsaved you の部分ですが、完了形であることを示す has は機能語なので強勢はありません。/həz/ /h/ は頻繁に脱落してしまう音で、ここでも発音していません。/z/ は次の saved /s/ と一体化してしまいます。/z/ 弱音/s/ 強音という違いがありますが、どちらも発音する場所と方法は同じで歯茎と舌先で作る摩擦音です。Ronald has saved は「ロヌルダイヴダ(/ˈrɒnldəˈseɪvd/) のようになります。

「完了形」は日本語にはなくて難しい印象があります。また、音声的には過去形との違いはかすかに /ə/ があるかないかだけです。一方で日常の会話では非常によく使われています。頭で理解するだけではなくてたくさんの英語に接することで徐々にわかってくるようになりますし、「文脈からここは完了系だろう。」という想像が働くとそのように聞き取ることができるようになってきます。