I-25-1800

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 25 [01:51:02] "Don't you think it's a bit odd that what Hagrid wants more than anything is a dragon, and a stranger turns up who just happens to have one?" (Harry Potter)


ˈDon’t you ˈthink it’s a bit ˈodd?

この部分は「それって少しおかしいと思わないか?」です。そして「それ (it)」は that の後ろのことです。

Don’t you (/ʊntjə/) の部分は /n/ が鼻に息を抜く音で、そのまま鼻の方に息を流しながら次の /tjə/ を発音しているため「ドウンニュ」のように聞こえます。全体は「ドウンニュンケツァベト」のようになります。

that what ˈHagrid ˈwants more than ˈanything is a ˈdragon

that に続く部分の前半は「ハグリッドが何よりも欲しがっているのはドラゴンだ」です。what は関係代名詞で the thing which に置き換えて the thing which Hagdid wants more than anything is a dradon とするとわかりやすいかもしれません。

早口なので単語が連結して発音されて「ザワグリドンツモザンネセンゲザジュゴン」のようになります。

and a ˈstranger ˈturns up who just ˈhappens to ˈhave ˈone

that に続く後半部分は「そして見知らぬ人が現れて、そいつが偶然のもドラゴンを持っている」です。ハグリッドはドラゴンを欲しがっていて、そこにドラゴンを持った人が偶然に現れるなんて話が出来すぎている、偶然じゃなかったんだということです。

前半に比べると聞き取りやすいかもしれません。「エナストンジャンザプ フジャスタプンズトゥヴワヌ」のようになります。have はここでは「持っている」という動詞で内容語です。強く発音をします。