I-25-3500

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 25 [01:53:00] "That was no stranger Hagrid met in the village. It was Snape, which means he knows how to get past Fluffy. " (Harry Potter)


That was no stranger Hagrid met in the village.

That was not a stranger Hagrid met in the village. というのと何が違うかと言うと、難しいことを言えば no は形容詞で名詞の stranger を修飾するのに対して not は副詞で前の be 動詞にかかって否定文を作ります。no stranger というときは不定冠詞の a は入りません。

意味はどちらもそんなに違いはしないのですが、たとえば

I have no idea what you are talking about.

no を使ったほうが

I do not have any idea what you are talking about.

と言うよりも感情的で語気が強くなります。喧嘩をしていて「何いってんだ、おまえ?」というようなときは前者のほうが近くなります。

stranger Hagrid の間には関係代名詞 whom が省略されています。「ハグリッドが村であったのはよそ者なんかじゃない。」です。

It was Snape, which means he knows how to get past Fluffy.

which means that は「つまり、【that 以下】ということだ」という意味です。which it was Snape を置き換えるものです。「あれはよそ者なんかじゃくてスネイプだったんだ。つまり、スネイプはフラフィを通り過ぎる方法を知っていたんだ。」です。