I-25-0500

Harry Potter and the Philosopher's Stone


Chapter 25 [01:49:56] "I think if he'd had the chance, he might have tried to kill me tonight. " (Harry Potter)


I ˈthink if he’d ˈhad the ˈchance, he might have ˈtried to ˈkill me toˈnight.

これは仮定法過去完了の文章です。森の中での出来事、すなわち過去のことを思い出して「もしもあのとき〜だったら」と言いたいのでこの形になります。

条件節の部分の if he’d had the chance if he had had the chance です。最初の had は過去完了を表すもので、2つ目の had は動詞 have (a chance) の過去分詞です。he はヴォルデモートで、「もしもあのときヴォルデモートにチャンスがあったなら」となります。

主節の he might have tried to kill me tonight 最初のダンブルドア先生のセリフと同じ仲間です。「might have + 過去分詞」は「〜したかもしれないが、でもそうしなかった」です。「今晩、ヴォルデモートは僕のことを殺そうとしただろう」です。

発音は「ンケフェチャンツ ヘマイラヴチュラエトゥルメトゥイト」のような感じになります。I think if he’d had the chance の部分は /h/ は発音しないようにしてください。chance (/tʃæns/) は「チャ」ではなく「チャ」になるのでしたね。

might have は強勢がないので早く発音をしなければなりません。might /t/ は「ラ行」の音になり、have /h/ は省略され「マイラヴ」のようになります。